夏合宿

クラブでは、夏合宿を開催しております。

summer01.jpg
午前中のトラック練習、早朝は霧のなかで始まります

平成25年の感想

「夏合宿」富士見高原

森藤博之
 クラブの恒例の夏合宿が、信州八ヶ岳富士見高原で8月24 ~26日に行われ、前半の24・25日の2日間参加しました。24日(土)平尾さんと新宿駅で待ち合わせ新宿9:02発ホリデー快速「ビューやまなし」で出発、一昨年は初めての参加で座席指定を取ったが今年は昨年と同様自由席で快適に出発、お盆も過ぎており半分は空席、電車が停車駅に着く度に席は埋まっていった。日野原駅に停車中(特急通過待ち)窓から見る八ヶ岳の景色が素晴しい。11時59分「ビューやまなし」は時間どおり終点の小淵沢駅に到着。高原リゾートの迎えのマイクロバス(今年より新車)に乗車、駅から富士見高原までは登り坂15分程で到着。
 宿泊所の「ジュネス八ケ岳」入り口看板には我がグループのM・アカデミーの名前が真ん中に、大学では神奈川大学・茨城大学・学芸大学走友会、高校は白鳳女子高校の名前が、建物は3階建てで収容人員は250名、部屋は和室10室・洋室ツイン5室・洋室2段ベッド16室、各種合宿、体験学習、グループ・サークル活動に利用でき、陸上競技場(トラック)は標高1288mの高地、クロスカントリーコース1kコース・2kコース、体育館はバスケット2面、バレー2面、卓球6台、バトミントン8面、それにテニスコート、サッカー場、多目的グランド等の設備で長期滞在できる設備だ。
 昨年と同様、M・アカデミーの宿泊場所は2階で今回のメンバーは松村さん・平尾さん・佐藤さん・石堀さん(長野の実家より参加)・大岩根さん(仕事の関係で夕方合流)と森藤の6名でした。

summer2013_01.jpg
 合宿のメニュー一日目(24日午後)は午後からクロスカントリーと超持久的な能力と精神的持久力の養成を目的のLSD(Long Slow Distance)を各自のペースで、コースも富士見高原を基点に各自自由に、私は石堀さんと一緒に富士見高原〜境小学校〜富士見高原のコースで行った。境小学校からは登りで足が思いどおりに動かない、途中何度か歩きやっとゴールまでたどり着いた。高原の鹿の湯で汗を流し夕食後の懇親会で待望のビールで乾杯、続いて小池先生差し入れのワインで再度乾杯。話題の1つに1ヶ月後に2020年の開催国が決まるオリンピック、東京開催の可能性など話題で盛り上がりました、さすが皆さんアスリートです。

 第二日目(25日午前)は早朝ジョグ(散歩)とトラックを使ったインターバル走でパワーアップを図る。 6時起床で散歩と思ったが夜半の雨と朝方の雨で陸上競技場のトラック使用が可能か状況を見に行ったところ、白鳳女子高校生約50人の陸上部の選手が小雨の中早朝のジョキングを行っていた。時おり小雨は降ったがトラック走行が可能であったがインターバル走は中止し、各自の自主トレとした。前日の懇親会のアルコールが汗となって滴り落ちペースも上がらないが自分のペースで無理しない方法で行い目標の10k走行が達成できた。 汗を流し合宿所の食堂で(200人が一度に食べられる)昼食を取り一休みしていると、ジュニアの5名(男子2名女子3名)が引率の大河内さんと合宿所に到着、合同記念写真を撮ってお別れし合宿所を後に小淵沢駅へ、2時30分発の高尾行き電車に乗り仲間とビールとつまみで乾杯し家路に向った。

summer2013_02.jpg
 今回も感じるのは都会のゴミゴミした所から八ヶ岳の壮大な景色と美味しい空気を吸うだけでも気分が変わります。又来年も高原合宿、参加したいと思っています。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-01-01 (水) 22:42:19 (1423d)